太る習慣〜太る原因=酵素が減る習慣とは?食事我慢で太る理由

<太る習慣・概要>
ダイエットにいつも失敗してしまう人や、これまで比較的良い体型を維持できていたのに太ってきてしまったという人、太ってきたのが気になって痩せようと思ったらかえって太ってしまった人には共通点があります。それは太る習慣を行ってしまっていることです。加齢と共に基礎代謝は低下してしまいがちになるものですが、その原因になっているのが代謝酵素が作りにくくなってしまうことであることがわかっています。

 

代謝酵素が減ることによって新陳代謝が低下してしまい、基礎代謝が低下して太りやすくなってしまうのです。

 

そのため、酵素を減らさないようにしていくことが太らない身体を作るために重要になります。

 

酵素が減る習慣とは本来行うべき代謝のための酵素を作りにくい状態を作ってしまう習慣であり、暴飲暴食によって消化酵素やアルコール代謝酵素を作る必要を高めてしまったり、喫煙や食品添加物の多い食品の摂取などによって身体に有害な物質を摂取してしまったり、睡眠不足によって代謝酵素を作って身体をより良い状態にする時間を減らしてしまったりすることが代表的なものです。このような太る習慣がついてしまっていると酵素が減ってしまって基礎代謝が低下してしまい、本来太らないような食生活をしていても太ってしまいがちになります。

 

 

一方、ダイエットのために食事我慢をしようと頑張ったにもかかわらず、効果が出なかったり、かえって太ってしまったりすることもよくあることでしょう。食事我慢で太る理由とはストレスであると言われることもあります。

 

しかし、より厳密に考えて行くと食事我慢で太る理由とは食事制限の食後30分後に吸収率が高くなることが原因であると考えることができるのです。食後に薬を飲む場合には食後30分後が良いと言われるのが吸収率が高くなることが知られているからであり、これは薬に限らず食べ物から摂取する糖分や脂肪分などにも該当します。食事我慢をしてストレスが溜まってしまったり、満腹感が得られないことが嫌になったりしてしまうと、食事を終えてから少しだけおまけで食べようと考えてしまうことがあるでしょう。

 

もうちょっとだけ食べようと思ったときに30分程度が経過してしまっていることが多く、糖分や脂肪分などが多いものをそのタイミングで食べてしまうと吸収率が高くなっているためにより身体につきやすくなってしまうのです。そのため、無理に食事我慢をしてダイエットをしようとするとかえって太ってしまいがちになります。このような状況にならないためにも酵素を増やす習慣をつけて酵素ダイエットをするのが効果的なのです。